レディー

小陰唇縮小は名医に依頼を|やってよかった手術とは

手術までの流れ

悩むウーマン

大人へと成長する過程で、ホルモンバランスはとても大事なポイントになります。そしてホルモンバランスにちょっとした変化が生じると、小陰唇も大きくなっていきます。サイズに関しては明確な基準はないものの、大体1.2㎝で長さが5.7㎝といわれています。小陰唇の形や大きさは個人で違いますが、見るからに大きい人も実際にいます。これを小陰唇肥大を言いますが、下着に擦れて痛みを伴うことがあります。不快感を拭うためにも小陰唇縮小の治療を早急に受けるしかありません。また、放置すると自転車に乗るのも苦痛になり、日常生活において深刻な状況を呼び起こします。近年は女性が主体といったクリニックもありますので、相談を兼ねて小陰唇縮小治療の流れを質問してみましょう。

小陰唇縮小は、切除手術を使ってサイズを小さくする方法が主になっており、実際に治療をしたことで、小陰唇への負担が軽減されたという患者が大勢います。しかし、小陰唇縮小のために切除しすぎると尿が飛び散るようになるため、このようなトラブルを引き起こさないためにも名医を中心にクリニック探しを行なっていきましょう。もちろん、腕だけではなく仕上がりにも重点を置きたいですから、それらの条件踏まえて探します。手術の流れとしては、まず、どのような症状に悩まされているのか、どのようなデザインにしていくのか等を踏まえて話をします。その中で医師が最も適している治療方法を提案してくれますから、詳しい内容とメリットデメリットを聞いて同意をします。手術時間は最短で30分程で、長くかかっても1時間すれば完了します。抜糸に関しては溶けるものを使用するクリニックだと再院の手間がありません。